なかむら家の食卓で。

2017.11.2 

h1里芋が採れるようになり、さっそく地元では「ひんのべ」と言われる

すいとんを作ります。

h2

色々な具材を一緒に煮込み、吹きこぼれないように最初の泡は、すくいとります。

h3

地元にはすいとんの粉が市販で良くあります。

柔らかい生地をスプーンで落とすのではなく、濡らした手で伸ばしてちぎりながら

煮込んでいる鍋に入れていきます。(引き延ばして入れるので、ひんのべ、と言うのかもしれません・・・??)

h4

最後にお好みの顆粒だしと、お味噌を入れます。

ご年配の方は、次の日のちょっと「とろっとして、膨らんだ」ひんのべが良いそうです。

使用しているお味噌は 中甘味噌の濃しタイプです。500g入りはこちら

なかむら家の食卓で。

2017.9.22 

秋大根が採れるようになり、小ぶりですが

大根おろしの辛さが、ピリピリするほどです。

郷土のお蕎麦に「おしぼりそば」とありますが

この、辛い大根の搾り汁に、お味噌を溶かしてそばつゆとします。

辛い大根にお味噌を混ぜると、魔法のように辛みが和らぎますが

おしょうゆ豆を混ぜても美味しいです。

DSC01381

 

これを、ご飯のお供にいかがでしょう?

DSC01382おためしください!しょうゆ豆はこちらです。

 

なかむら家の食卓で

2017.9.1 

我が家のとり天はむね肉。

皮を取り除いて、繊維に逆らって削ぎ切りし、だしつゆを少々もんで5分ほど置きます。

市販のてんぷら粉を混ぜて、揚げます。

DSC01386出来上がりに、また、すこしのだしつゆをかけるか、小皿のだしつゆにつけながら食します。お好みに薄めて天つゆにも合います。

おためしください。→ だしつゆはこちらです!